自身が魅せられたパッションフルーツを多くの人へ。 笑顔を輝く南国で、“ファンが人に付く”明日をめざして

自身が魅せられたパッションフルーツを多くの人へ。 笑顔を輝く南国で、“ファンが人に付く”明日をめざして

沖縄県でかねてからパッションフルーツを栽培していた野原様のご親戚。「記憶では20年前くらいからやっていたはず」と話す野原さんは、やがて母も栽培にあたる姿を見て、「自分もいつか口に入るものから人々の身体に携わりたい」と思うようになったと言います。ただ、パッションフルーツそのものに行き着くまでには...

もっと読む
“同級生”の誘いで叩いた農業の門戸 「深谷のバラ」と呼ばれる未来へ、一歩ずつ

“同級生”の誘いで叩いた農業の門戸 「深谷のバラ」と呼ばれる未来へ、一歩ずつ

埼玉県は深谷市で、「食べるバラ」を育てるROSE LAB様。なかなか馴染みのない食用の生花だが、その栽培責任者を担う人こそ、今回お話を伺った飯島さんだ。質問を投げ掛けるなかでふと、「ちなみに今何年目なんですか?」と聞いてびっくり、実はまだ1年目とのこと。既に多くを学び、かつ貪欲に未来を描く飯島...

もっと読む