月替わりの旬の果物を使ったチーズケーキをご家庭にお届け。世界のレストランを旅して修行をした、旅するシェフこと山﨑真人をシェフに迎え、様々なアプローチでチーズケーキを表現します。本格的なスイーツをぜひご家庭で。

月替わりで旬を味わう特別なチーズケーキ

チーズケーキと合う果実を毎月、厳選してセレクト。
果実に合わせて、チーズケーキの味も変えてお届けしております。

旅するシェフが監修

世界中のレストランを旅して腕を磨いて来た山﨑真人氏だからこそ表現できる、チーズケーキとのコラボレーションをお家で楽しめます。

想いを手紙に書き留め、届けるまでが物語。「はがき」で繋がれるプロジェクト

生産者と山﨑氏の想いをのせたチーズケーキを食べたあとは、同封のはがきで生産者にメッセージカードを贈ることができます。食べた感想を伝えてみることで、自分の想いを旅させてみませんか?

バックナンバー

2021年5月の旅チー

from ROSE LABO

母の日に合わせてROSE LABO社のバラを使用した新しい試みの旅するチーズケーキ。

バラの華やかな香りに、赤ワインの上品な酸味が乗っかり、ワンランク上のチーズケーキに仕上がりました。 食べた瞬間から香るバラの香りが贅沢な気分に。

母の日に母親と食べても、自分のために食べても、満足いく味わいになっております。

>詳しくはこちら

2021年4月の旅チー

from ブルーベリーパーク成田

甘酸っぱくジューシーなブルーベリーと、ほんのりエルダーフラワーをきかせ、爽やかな香りをプラスしました。
ドットのような断面が見た目にも可愛いチーズケーキです。

2021年3月の旅チー

from しまなみ楽農研究所

しまなみの温暖な気候が生んだ神の島レモンを軽くコンポート状にし、上質でまろやかな味わいが特徴的な海塩を軽くあしらい、爽やかな風味を極限まで活かしました。

レモンの酸味とチーズの旨み、さっぱりとした塩味がついつい後を引く、飽きの来ない味わいのチーズケーキです。

2021年2月の旅チー

静岡県青木農園のキンカン「こん太」 × NODOKAの抹茶

抹茶の香りとコクのあるチーズケーキの中に、キンカンをたっぷり入れて焼き上げました。

ほろ苦さと、キンカンの濃厚な甘さが病みつきになるチーズケーキです。

2021年1月の旅チー

from 和歌山県こたつファーム

甘味と酸味のバランスが良い、ジューシーなみかんを丸ごと入れた可愛らしいチーズケーキです。

今回は優しい甘味の和三盆を使い、みかんの甘味と酸味を引き立たせました。 濃厚な口当たりのチーズケーキに、ジューシーなみかんが加わり、さっぱりした味わいです。

カットの断面もお花のようなみかんが華やかな、新年にぴったりのチーズケーキです。

Note

じっくり、しっかり、私たちの"旨味"を全国へ さつまいもの営業が引き出さんとする未来とはー。

じっくり、しっかり、私たちの"旨味"を全国へ さつまいもの営業が引き出さんとする未来とはー。

  「ぶっちゃけたことを言えば、営業がしたいという気持ちの方が先だった」と、さつまいも農家で働くことを”偶然”のように装った柳本さん。もちろん言葉に嘘は無いでしょう、ただその偶然はあたかも必然だったかのように、インタビュー中も「プロ」の顔を覗かせてくれました。何が彼をそうさせたのでしょう?そし...

もっと読む
1枚のチラシから始まった富士宮での農業  落花生を通じて、地域と農園の未来を奏でる

1枚のチラシから始まった富士宮での農業 落花生を通じて、地域と農園の未来を奏でる

  静岡県富士宮市には、古くからの食文化として、落花生を食べる習慣があると言います。旬の時期に近づく8月下旬ともなると、地域の直売所には落花生が所狭しと並び、それを聞きつけた住民が長い列を成す…そんな話を冒頭にしてくれた、やさし菜農園の谷﨑拓道さん。さぞ富士宮にゆかりがあるのだろうと思いきや、...

もっと読む
“食”へのプライドは思わぬところに顔を出す。 元コックが出逢いと信念で育て上げる、いちじくの魅力

“食”へのプライドは思わぬところに顔を出す。 元コックが出逢いと信念で育て上げる、いちじくの魅力

  オンライン取材のURLを開くと、そこに写ったのは根本さんそして健やかに葉を伸ばす木々たち。そう、その植物こそが今回の主役“いちじく”です。ホテルの料理人というキャリアを持つ当人はさぞかし味や調理法へのこだわりを語ってくれるのだろうと思いきや、あっさり「パティシエじゃありませんから」と切り返...

もっと読む