月替わりの旬の果物を使ったチーズケーキをご家庭にお届け。世界のレストランを旅して修行をした、旅するシェフこと山﨑真人をシェフに迎え、様々なアプローチでチーズケーキを表現します。本格的なスイーツをぜひご家庭で。

月替わりで旬を味わう特別なチーズケーキ

チーズケーキと合う果実を毎月、厳選してセレクト。
果実に合わせて、チーズケーキの味も変えてお届けしております。

旅するシェフが監修

世界中のレストランを旅して腕を磨いて来た山﨑真人氏だからこそ表現できる、チーズケーキとのコラボレーションをお家で楽しめます。

想いを手紙に書き留め、届けるまでが物語。「はがき」で繋がれるプロジェクト

生産者と山﨑氏の想いをのせたチーズケーキを食べたあとは、同封のはがきで生産者にメッセージカードを贈ることができます。食べた感想を伝えてみることで、自分の想いを旅させてみませんか?

バックナンバー

2021年5月の旅チー

from ROSE LABO

母の日に合わせてROSE LABO社のバラを使用した新しい試みの旅するチーズケーキ。

バラの華やかな香りに、赤ワインの上品な酸味が乗っかり、ワンランク上のチーズケーキに仕上がりました。 食べた瞬間から香るバラの香りが贅沢な気分に。

母の日に母親と食べても、自分のために食べても、満足いく味わいになっております。

>詳しくはこちら

2021年4月の旅チー

from ブルーベリーパーク成田

甘酸っぱくジューシーなブルーベリーと、ほんのりエルダーフラワーをきかせ、爽やかな香りをプラスしました。
ドットのような断面が見た目にも可愛いチーズケーキです。

2021年3月の旅チー

from しまなみ楽農研究所

しまなみの温暖な気候が生んだ神の島レモンを軽くコンポート状にし、上質でまろやかな味わいが特徴的な海塩を軽くあしらい、爽やかな風味を極限まで活かしました。

レモンの酸味とチーズの旨み、さっぱりとした塩味がついつい後を引く、飽きの来ない味わいのチーズケーキです。

2021年2月の旅チー

静岡県青木農園のキンカン「こん太」 × NODOKAの抹茶

抹茶の香りとコクのあるチーズケーキの中に、キンカンをたっぷり入れて焼き上げました。

ほろ苦さと、キンカンの濃厚な甘さが病みつきになるチーズケーキです。

2021年1月の旅チー

from 和歌山県こたつファーム

甘味と酸味のバランスが良い、ジューシーなみかんを丸ごと入れた可愛らしいチーズケーキです。

今回は優しい甘味の和三盆を使い、みかんの甘味と酸味を引き立たせました。 濃厚な口当たりのチーズケーキに、ジューシーなみかんが加わり、さっぱりした味わいです。

カットの断面もお花のようなみかんが華やかな、新年にぴったりのチーズケーキです。

Note

“直接会えない”コロナ禍から見えた裾野あんずの魅力を今こそ広く、永く―。

“直接会えない”コロナ禍から見えた裾野あんずの魅力を今こそ広く、永く―。

  長野県長野市のなかでも、「松代(まつしろ)」と呼ばれる地域は古くからあんずの産地だったと言います。その地において、祖父の代からあんずを栽培されていた相澤家。やがてご両親に受け継がれ、さらには則広さん、そして結婚を機に長野での暮らしを始めた相澤さんへと伝わります。今もご両親と力を合わせ、栽培...

もっと読む
自身が魅せられたパッションフルーツを多くの人へ。 笑顔を輝く南国で、“ファンが人に付く”明日をめざして

自身が魅せられたパッションフルーツを多くの人へ。 笑顔を輝く南国で、“ファンが人に付く”明日をめざして

沖縄県でかねてからパッションフルーツを栽培していた野原様のご親戚。「記憶では20年前くらいからやっていたはず」と話す野原さんは、やがて母も栽培にあたる姿を見て、「自分もいつか口に入るものから人々の身体に携わりたい」と思うようになったと言います。ただ、パッションフルーツそのものに行き着くまでには...

もっと読む
“同級生”の誘いで叩いた農業の門戸 「深谷のバラ」と呼ばれる未来へ、一歩ずつ

“同級生”の誘いで叩いた農業の門戸 「深谷のバラ」と呼ばれる未来へ、一歩ずつ

埼玉県は深谷市で、「食べるバラ」を育てるROSE LAB様。なかなか馴染みのない食用の生花だが、その栽培責任者を担う人こそ、今回お話を伺った飯島さんだ。質問を投げ掛けるなかでふと、「ちなみに今何年目なんですか?」と聞いてびっくり、実はまだ1年目とのこと。既に多くを学び、かつ貪欲に未来を描く飯島...

もっと読む